発表会

アホネーチャンこと娘が習っている「先生のお教室の発表会」でした。

今年は、声楽と完全分離スタイルで、ピアノだけ。
で~、社会人四人は第三部に構成されて、フォーレ・ラフマニノフ・ショパン・シベリウス!
さらに、一組だけですが連弾がありました。

元々のお教室は現行の先生たちのご両親。
先生ご夫妻は声楽がご専門。更に音大受験を目指す生徒が中心でした。
お父様先生の方は(もうお亡くなりになりましたが)音大で音大生に声楽を教えていらっしゃったので、
お教室の方は奥様のお母様先生が中心でした。

その音大受験用のピアノ指導が評判を呼んで入室一年待ち、とか言われたのはねもン家が旧宅に引っ越したころ。
わが家の娘が小学校一年かな?で、〇マハに通いながら待っていたら引っ越す人が2~3人出て、
お教室に空きが出たというのをねも姉の同級生でそのお教室に通っていた方がいらっしゃったので、
それぇ!と頼んでいただきました。
それから、更に半年後くらいにアホネーチャンのコネでnemoが入れたというわけです。

それからン十年!!!

娘は大学受験の一時期を除いて、ずぅ~っと居座ってしまい、
音大受験専門だったお教室が、音大受験生の減少と相まって、
娘の影響もあってか大学に行っても、社会人になっても続けます、という人たちがボチボチ出て来てきました(^^)
まあ、社会人になるとなかなか続けられませんけど、
それでも留学するまで、とか、会社で中堅クラスになるまでは頑張ったりする人も出てきました。

こういう前例を作っただけは、ほんのちょっぴり先生にご恩返しの真似事ができたかな?と言う気持ちですm( )m
息子も社会人になって、一人住まいしてからも、二時間近くかけて通っていました。
今は、お母様先生と、娘の四歳年上のお嬢様たちが現行のお教室を切りまわしてます。
お二人とも音大の作曲科出身で、連弾奏者としてもプロ活動もしながらお教室でも教えていらっしゃるのは大変なことです。

でまあ、親バカもありまして、毎夏のお楽しみになってます(^^ゞ
去年は、発表会の日が出張とぶつかってしまい、出られなかったので二年ぶり!!
こりゃあ、暑くても行かなくちゃ!!
ああ~!前置き長!!
今年は地元ホールが耐震とリニューアルして初めての発表会でした。
どんなんかな?ってのもありましたが、ホールの入り口が変わっていたのでウロウロしてしまいました(^_^;
まさか、旧地元で通いなれていたホールで、リニューアル後に入り口が変わったとは思いもよらず!
正面玄関は相変わらず、外回りも全く同じなので、
ダンナと、どこリニューアルしたんだろ?結局耐震だけで精いっぱいだったんでしょ、何て言ってたのですよ。
ダーっと長~い階段を上るのは変わらないのですが、今のオバサンには登れないよ!!
いわゆるバリアフリーの入り口が(元々駐車場の入り口の裏側で目立たなかったのですが)、
今は壁に閉ざされてしまってそこには何も書いてないの~(-"-)

親切そうな若者がいたので尋ねたら「ぐるっと回って行けばあちらに入り口があります」と教えてくれて、やっと入れました(^^)
即、ホールの受付に入り口の表示をちゃんとして下さい、と申し上げました。
公共機関って、今の地元もそうだけど、みんな体の不自由な人には不親切にできているのねん(-"-)

で~、会場に入ってから、これはおおむね変わりませんが、トイレ各個室が凄く広くなって明るくなってました。
当然、みんな西洋式・・・ウーム、これは意外に不自由。
一個くらい和式を残して欲しかったなぁ(^_^;

オバサンは和式があったら、足が痛くても、腰が痛くても和式に入ります。
歌舞伎座や能楽堂でトイレに急ぐのは「和式を使いたい!」からです。

第二部の「中高生・大学生の部」の途中から入りました。
ピアノの音量が凄くて、ショパンやドビュッシーが多い中高生には、ちょっと調律が荒っぽいんじゃね?と思いました。

後で娘に聞いたら、「ホールのせいだよ。先生も調律の人と随分話していたもん」とのことでした。
そうか~!リニューアル、内装もしたんだ!
そういえば、壁の色(音響版の色)と座席シートの色違ってました(^_^;

中高生は↑で書いた通り、ショパンやドビュッシーが多いので、ちょっと辛ったかもしれませんが、
その分、音色としては粒が立ったかも(^_^;

第三部の「社会人」は娘はシベリウスだし、ラフマニノフの「鐘」を弾いた青年は良かっただろうけど、
フォーレの「ノクターン」とショパンの「プレリュード」は巧いだけに、もうちょっと柔らかく響かせてあげたかったなぁ♪

ホールの音響設計者も、どのへんを主にして設計したんかいな?

その分、と言っては失礼ながら、ラフマニノフの「鐘」はよかったわよ~\(^o^)/

発表会で、ラフマニノフの、しかも「鐘」が聴けるとは思わなかったです。
みんな娘同様小中学生から続けてきた人たちです。年はだいぶ違いますが(^_^;

娘は生徒最後で、シベリウスの「ロマンス」と、連弾でサティの「君が欲しい」でした。
シベリウス!と聞いた時は、ヒェー!難しそう?大丈夫?って聞いたのですが、
娘曰く「去年の発表会が出張とぶつかって出られなかったので、二年間弾いてたから大丈夫だよ!」
おまけに、連弾までやるというので、おぅ~!

こちらも、去年、先生と連弾!と言う企画が上がって、そりゃあ、ちょっと無理です、と言ってたのだそうですが、
今年は生徒同士で、ということになったそうで、「まあ綺麗な曲だし気楽だよ!」ってほんまかいな(^^ゞ
サティの曲はCMでもよく使われるし、「君が欲しい」の曲名だけ聞いてもピンときませんでしたが、
〇ーチューブ聞いたら、あっ!これか!
何度か躓いたりしたようですが、でも、とにかく、無事に弾き終わりましたm( )m
シベリウスの「ロマンス」は〇ーチューブで検索して初めて聴きました。
何しろ二年間弾きっぱなしですからね♪危なげなく終了m( )m親バカ。

中一の時、ベートーベンの「悲壮」の第一楽章を弾いたのを聞いて、思わず泣いちゃったことを思い出しました(^^)
そこから、「熱情」全曲へ二人コンサート、というところまで先生が応援して下さったんでした。
幸せな事ですm( )m

今日も、コンサート終了後に、娘と食事に行くことになっていたので待ってましたが、なかなか出て来ない!!
大体、両親を送っていくことにしないと、後がまた大変なのですね(^_^;
娘は、当日先生方のアッシーで朝8時からウロウロしていたわけですが
(小学生の部が二時半から始まるので、スタンバイは午前中からです)、
帰りも、となると大変なのです(^_^;

先生のお心遣いもあるのですが、慰労会というかお食事会というか、反省会も付随しちゃうし、ねぇ(^_^;

なので帰りは、オバサンが杖を突くようになってからは、「両親を送って行かなくちゃならないので」ということで失礼することに。

とにかく、ホールの閉館時間までに片づけを終えないといけないので、中高生や大学生・社会人・手伝える保護者の人たちは全員集合でガン張ります。
オバサンも、昔はけっこう頑張りましたけど、今は無理だよんm( )m

やっと大きなゴミ袋を3~4個抱えて、娘が出てきましたが、それまで、全く姿を現さないので、
ホール追い出されたら、どこで待っていればいいかの打合せもできない!!(当然携帯は貴ってありますから)
でも、その間に、ちょっと裏の様子を聴くのに、娘(固有名詞だよ)の母でございますが、と声をかけると、
皆様、大変に丁寧なご挨拶を返してくださって大恐縮でしたm( )m

アホネーチャン!愛されとるねぇ(*^^*)
親バカチャンリン蕎麦屋の風鈴♪だなぁ。
でも、嬉しい半日でした(^^)

あのねぇ・・・孫は無条件に可愛い、というでしょ・・・これから先にならないとわからないけど、
今の段階では、やはり、子供の方が可愛いですよ。

息子のことだって、孫のことより気にかかります。
育休開けの職場復帰はスムーズだったか?
久々の通勤で、おまけに酷暑で体を壊してはいないか?とかね・・・。

あの9.11のニューヨークの息子の安否だけを案じたオバサマの話が蘇るよ!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント