この時期は・・・

新聞は訃報ばかりの寒の朝

って感じです。
米沢富美子先生がお亡くなりになりましたねぇ・・・。

物理学の先生ですから、学問上で知ったわけではありません。
テレビ番組で青春の旅路を辿る番組がありまして、そこで、ロンドンを旅する先生のお姿を見たのです。15年位前?

米沢先生は、まだ在学中だったのにロンドンに留学された「彼」を追いかけて、イギリス中の大学に、こういう研究をしている、奨学金と生活費を出してくれる大学はないかと手紙を書かれたそうです。

無論ツテ無し!!
凄いですねぇ(^_^;

いくつか受け入れてくれる大学があったそうですから、相当優秀な学生だったのでしょう。で~、米沢先生は、ロンドンに近い大学に決めて、下宿先もロンドンに近いお家に決めたそうです。

そこのホストファミリー?大家さん夫妻が出て来て、「毎日大学と家を往復して勉強ばかりしているフミコが、週末になると必ずロンドンに出かけるのを不思議に思っていました。あとで聞いたらそういうことだったのねぇ~、と納得しました」と笑顔で仰ってました。

今、検索してきたら、米沢先生は大学院M一の時に二歳年上の先輩と結婚されていたのですよ!その方が就職先から研究員としてロンドン留学されたので、在学中にもかかわらず、ってか、それを利用してダンナを追っかけて行ったのですね~♪

熱い!熱い!!

たぶん、私がテレビで見た時って、「彼」を無くした2~3年内のことだったのでしょう・・・四六時中研究のことを考え、論文と取っ組んでいた先生が、「夫を亡くした1~2年は何もする気力も失っ」て、講義まで変わってもらったこともあったということでしたから(^_^;

その間位でなくては、ああいう番組にご出演になることもなく、私などが米沢先生のお顔や名前・研究業績(中味は何もわからない!)を知ることはできなかったでしょう。

あの時代、女性が学問をするというのはまだまだ大変でした。

一応首都圏に住むオバサンの一年先輩ですら、四大に行くと行き遅れる!と短大にしか行かせてもらえなかったり、地元の旧家だと短大どころか、高校を卒業したら洋裁学校かお料理学校に行って、お茶とお花を習って、と、親の言う通りのコースが決められているお友達もいたし、在学中に縁談がまとまっている人もいました!!!!
何?女が研究をする?そんなもんは男のするもんだ!くらいの時代です。

それでも米沢先生より10年位は若い時代なんですが(^_^;

そんな時代に、大学院まで進み、在学中に結婚し、「彼」を追いかけてロンドンまで行き、しかも、受け入れてくれる大学まで自分で探してって、本当に凄いです!!

まあ、お母様も「偉大な母」でいらっしゃったんですよね。お母様ご自身が大変数学的な頭脳をお持ちだったのに、↑で書くような、女が大学なんてとんでもない時代で、進学できなかった!思いのたけを子供の教育に注いだのでしょうね。・・・ある意味「親子鷹」!


丁度、その番組で私が米沢富美子先生の人生に感動していた直後位に、小・中・高と息子の同級生だった〇大生が、「米沢先生のご講義を受けて、大変感銘を受けた」と彼ら同士のブログに書いたことを知りました。
慶応の名誉教授でいらっしゃった先生ですが、当時は〇大にも講義をお持ちだったのか?〇大生の彼が、慶応迄講義を受けに行ったのか?そのへんはわからないのですが、ね。

でも、18~9才くらいの男の子が、同級生同士のブログに、わざわざ書き込むほど感銘を受けたのですよ~!
さもありなん♪彼自身が同級生の中でもシンボルのような存在でしたからね~。タダの優等生というだけじゃなくて真面目で誠実!!彼が〇大を落ちた!と言う時は学年全体がショックを受け、先生たちも、自分たちの指導に誤りがあったのか?って大変だったんだから~(^_^;
勿論、翌年は余裕でパスしましたけどね(^_^;

現在ミシガンで充実した研究生活を送っているそうです・・・お母様からのお年賀状には、「○○は全然帰ってきません!」と嬉しい嘆きのお言葉が(^^ゞ

あら?話がそれた(^_^;

ま、というわけで、米沢先生の撒かれた種は、アチコチに広り芽吹き、花を咲かせ実らせているのでしょう。

心からご冥福をお祈りいたします。合掌。

この記事へのコメント

ぽんず
2019年01月24日 14:04
米沢先生、憧れの女性でした。
私の両親世代の方なのに、なのに何を勘違いしていたのか...
もっとお若い世代だと思っていました。

本当に、あの世代の方とは思えなかったですよね。


それから下のほうのミシガンにピクリと!!
蛇足ですが...
懐かしい写真を見つけ、ブログにUPしました。
よかったらご覧ください。
怪傑おばさん頭巾
2019年01月29日 00:54
ぽんずさん、こんばんは(^^)

>ミシガン
ぽんずさんにとっても大事な思い出の地ですね(^^)
後で楽しみに見せて頂きます(^^)
怪傑おばさん頭巾
2019年01月31日 16:01
ぽんずさん、こんにちは(^^)

ブログ大変なようですね。お察ししますm( )m

>懐かしい写真
見せて頂きました♪
ところが、我が家はプリントアウトさせて頂いて、手元に置いてありますので、けっこう拝見しております(^_^;
でも、IAN君は映ってなかったので、あ~!こういう感じだったのね、と当時の雰囲気を味あわせて頂きました(^^)
さすがに、インクがボケてきましたが、学校でやんずさんが着物を着てお友達と映っている写真などは貴重なのではないか、と思いながら毎回楽しく拝見しております。
ぽんず
2019年02月02日 11:11
学校で着物を着た写真。
懐かしいです。
もう、四半世紀も前になってしまいました。
(  ̄- ̄)トオイメ

この記事へのトラックバック