しまった!日付的には12月?!

11月30日(金)

整体の日でした。

そんなことじゃなくてさ、前田憲男が亡くなったでしょ!!
私たちの時代の人ですよ!!!
訃報記事見て、もう、すぐに書きたかったんですけど・・・諸々あって今日になっちゃった。涙。

テレビの音楽やアレンジャーとして有名ですけど、オバサンとしては、もうジャズピアニスト(^^)
それと、イレブンPMの「ノブチン」として♪「ノブチン」は大橋巨泉の呼び方です。本名が暢人、ノブヒトさんと言うんですって。字は新聞で初めて知りました。

もう、まんま時代の人です。

特に強烈に印象的な番組がありました。
ハネケン(羽田健太郎)さんと、宮川センセ(宮川泰、今の宮川彬良のお父さん)と三人で、ピアノ三台並べてジャズのコンサートしたのです(*^^*)

もう誰も彼も、三人とも凄く素敵でした\(^o^)/

みんな楽しそうで、チョイライバル意識出して、それでソロやったり連弾したり、ピアニスト三人でって、当時としては極珍しくて、フルコンタイプのグランドピアノがダイヤ型に並んで画面も豪華だったし演奏も本当に素敵でした(^^)

イレブンで酔っ払っておだあげてる「ノブチン」もとてもチャーミングでしたけど、やっぱりこの本業のプロ仕様の顔は一番素敵でした。

ハネケンさんは桐朋学園大、宮川センセは大阪音大ですが、前田さんは独学だったそうです。
大阪から東京目指して出て来るのに、宮川センセが見送りに行って(当時からキャバレーなどのアルバイトで親しかったそうですが)、
「別れ際に、これ、俺のピアノ。お前にやるよって渡されたのが紙鍵盤!あ、こんなので練習して、あんな演奏ができるのか?って思ったら、こいつには敵わねぇ、と思ったよ」
と、いつか、テレビ番組でお話してました。

三人ともあっち側の人になっちゃって・・・今頃、お~!来たか来たか♪って、飲んだくれながら、セッションしているんだろうね(^^ゞ
そういえば、松本英彦もジョージ川口も、とっくにあっち側の人だったよ!!
司会は小島正雄さんも三木鮎郎さんもいるよね~(*^^*)

心からご冥福をお祈りいたします。

整体のお出かけと、その前日の諸々は書きたいこともありますが、今日はここまでで精一杯だ!

とにかく前田憲男のことが書きたかった・・・涙。



この記事へのコメント

ぽんず
2018年12月01日 16:29
前田憲男さん+羽田健太郎さん+宮川泰さんのピアノ!!!
そんなのがあったのですか?
どこかにあがてませんかね???
興味ありありです!!

羽田健太郎さん・前田憲男さん・佐藤允彦さんものは見つかったので、
YouTubeで楽しみました。
怪傑おばさん頭巾
2018年12月03日 22:50
ぽんずさん、こんばんは(^^)

>そんなのがあったのですか?
テレビ番組の企画だったと思います。
だから、宮川泰だったのでしょう。
佐藤允彦は、やっぱり当時なら「テコの(元)ダンナ」って方が有名だったんじゃないかな・・・「ジャズは専門職」という時代だったと思います(^_^;

この記事へのトラックバック

  • 【同世代の作家が見る東京】平成の東京 12の貌

    Excerpt: はとバスは70年間、浮き沈みを繰り返す東京を走り続け、時代のムードを敏感に察知しながら、常に時代の半歩先を行く東京観光を生み出してきた。(185ページ) Weblog: ぱふぅ家のサイバー小物 racked: 2019-02-15 20:52