かくて今日も・・・(^^ゞ

10月25日(木)

吾妻鏡の日でした。ホントはね・・・早いね、あれから二週間たっちゃたんだよ(^_^;

で~、先日のトラウマもあり、実は27日は小学校時代の恩師のお見舞いに行くことになってました。
恩師のお見舞いはともかく、久々の幼馴染と会えるのが嬉しくて、楽しみで吾妻鏡はサボることにしましたm( )m

ということで、今日、掃除をしておけば明日ゆっくり休んで、明後日は体調バッチリで行ける♪と思ってました。
お掃除終わって御菓子でお茶を飲んでいたら、あ~ら、ビックリ!奥歯の詰め物が取れた!!

なんだか、よくあるなぁ・・・自分でも呆れるほどのアクシデントの日々だよ。

致し方ない!明日、朝一で電話して急患に入れてもらう予約しなくちゃ!
大先生は、今全部午前中なのですが、幸いなことに金曜日だけは午後の診療があるのです(^^)
だから、午前中に電話を入れれば、午後の急患に入れるので、ドタバタしなくてもいいんだけど、そうするとどこで入れるかわからないので、遅いと5時過ぎということもあり・・・それでは帰宅も夜になるしねぇ・・・(^_^;

10月26日(金)

おかげさまで、3時半の急患に入れて頂けて、行ってきました。地元バスは無論時間の計算はできないし、昨今のJRは事故ばかりで遅れがちなので、一時間余裕を見たら一時間以上早くついてしまいました!!なんてこっちゃぁ!!

でもまあ、駅ビルウロウロするのは足が痛いのでダメですが、今日は歯科だけなので、〇洋舎の靴屋さんに新しいブーツの磨きを頼もうと持ってきていたので、丁度良いわ!と立ち寄りました。

そしたら、持参した新しいブーツとチョット履いてる靴を見て、「どちらも、まだ皮が潤っているから、磨きの必要はないです」って言うのです。
だって、最近は、ってか、故・青木雨彦氏のエッセイからこの方、新しい靴を下す前に磨きをかけておくと、皮が油分を含んで長持ちする、とか綺麗さを保つ、とか言うじゃない。それを言ったら、
「そういうこと言う人もあるけど、これは十分油分を含んでいるから大丈夫。大体、この状態では磨くと言っても、そんなにすることはないし、ここでも、磨けば(ブーツじゃない方を指して)800円かかりますからね。家で普通に手入れすれば大丈夫ですよ」というのです。

え~っ?だって、「72時間」でも、“交通会館の靴磨き店(10人くらいの職人さんが並んで磨いている!)”に、新しい靴を持ち込んで磨いてもらう人たくさんいたでしょ?1200円払うのよ(^_^;

でも、ここの職人さんは↑のように言うから、致し方ないから、じゃあ靴クリームください、と言って二色買おうと思ったら、
「そんなにいろんな靴に合わせて靴クリーム揃えたら大変でしょ。今、いろんな色に対応できるクリームができているから、それがいいと思うんだけど、ちょうど今切らして取り寄せているんですよ」というので、それじゃあ予約しておいて取りに来ます、ということにしました。

しかし、親切だよねぇ~!!ちょっと感動です(*^^*)

歯医者さんも四時には終わって、トイレ寄って(靴屋さんの後にも寄っていた(^_^;)、無事帰宅しました。

10月27日(土)

連荘になるから、凄~く心配しましたけど、ナントカ行ってきました(^_^;
楽しかったよ~\(^o^)/疲れたけど(^_^;

まず、先生は車椅子ですが、まだ頭もしっかりしているし、我々のこともわかる!!
先生とのコンタクトを取ってくれた男の子?が一人と、我ら女の子が3人ね(^^ゞ
この「女の子」ってことばに、ダンナがシラーっと「女の子?」と仰いましたので、「女の子」です!と確と申し上げましたv(^^)

まあね・・・小学校の同級生なんだからさ・・・僕たち男の子♪君たち女の子♪だよ。

で、先生も88歳で米寿と叙勲を受けて、まあ、男の子A君に、クラス会開けよ、と言ったらしい(^^ゞ
この子が永久幹事のようになっているのです。
なにしろ、小学校時代はちょっと持病があって先生に心配をかけ、結婚の時も御仲人を頼んだくらいだからね。

で、我ら女の子3人は同級生で、書道塾も一緒でした(^^)
まあ、特に、B子ちゃんとオバサンは背もちっちゃくて一番二番を争い、旧姓も同じなのでよく目についたらしく、先生が学校を移動するごとにお座敷がかかり、二人でよくうち揃って新しい赴任先に遊びに行ったりもしたのです(^^)
(ついでに言えば、B子とオバサンは、みずがめ座のO型!お茶の先生も一緒です。しかもダンナが同じ年で子供も上は同じ年♪ヤレヤレ♪)
そうそう、B子ちゃんは下に弟さんが二人いるんですけど、その弟たちも先生に教わったそうです(*^^*)

当日は、A君が凄い盛花を持ってきてくれて、ちょっと、こやつは今、公的な仕事で顔を利かせているので、ちょっとお花屋さんに無理させているんじゃない?と一瞬心配したんだけど、まあ、そんなにアコギなことする人間ではないので、まあ大丈夫だろうと思ったのですけどね。色々話が盛り上がりました。

しっかり者のC子ちゃんは、先生の古稀の時のクラス会の写真と出席者名簿を持ってきてくれて感謝m( )m

B子ちゃんは何回かの引っ越しでどっかに行っちゃった、と言うし(凄いのよ!双六のように良いマンションに引っ越して、今はタワーマンションです)、
オバサンは自分のアルバム整理した時に、A4サイズの写真額一枚分の写真を残して全部捨てたし、勿論卒業アルバムも全部処分したのでしたm( )m

それを回して眺めながら、アレコレ、誰それの思い出話で盛り上がりました。

ただ、途中で、先生が難しい顔をして、
「このクラスは優秀な奴がいっぱいいて、特に〇〇学院(当時地元で大流行の学習塾)で上位3人までうちのクラスで占めて評判になったのに、その3人が全く顔を見せないのは、私の教え方が間違っていたのか・・・」と嘆き節を始めたのですよ!!

彼ら3人の内、一番の男の子は一浪して東大、二番の男の子は現役で一ツ橋、3位を占めた女子は画家を目指して武蔵美に行き更にフランス留学などしてたりしたんだけど、宗教に走っちゃって(〇ウムじゃないですよ!もっとマイナー!)みんなの処に電話をかけまくって大顰蹙を買った・・・うちにもかかってきて一時間半くらい粘られてガッカリした覚えがあります。
オバサンの憧れの人だったんですよ・・・「吉永小百合様」みたいな感じね(^_^;

そりゃあねぇ・・・先生が嘆くのもごもっともだけど、いろいろあるんですよ、きっと(^_^;
先生の期待が大きいほど、それに応えられなかったら来られなくなるでしょ?東大に行ってもみんながエリートになれるわけじゃないもんね・・・そこは、先生わからないかなぁ(^_^;

とくに、小学生だった優等生も、この年になれば、我ら劣等生とたいして違わないことになっていたら、やはり彼らのプライドが許さんでしょう。それをすっと受け流して、やぁ、みんな元気?と行って来られる大物ならエリートにもなっているはずだしね・・・むずかしいもんだ(^^ゞ

ま、先生の処は一時間ほどで失礼して、奥様がホームの玄関口まで送って下さって、お土産までご用意して下さってまして恐縮してしまいましたm( )m

久々だからお茶位は飲みたいと思っていたら、A君がお食事の店を予約してあるって言うのです!!
えっ?私、ご飯食べて来たんだけど・・・考えたら、待ち合わせ場所は、うちのマンションからタクシーで千円ちょっと
の、地元駅ではないけど、もうひとつの駅(本来はこっちの方が地元駅なんだけどね)だったのです(^_^;

なので、私はお昼ご飯?食べてからタクシー呼んですぐ着いたm( )mもうしわけない。

では、お茶だけでもいいのかな?と聞いたら、A君が、「大丈夫!俺の顔の聞くところだから」ってわけです。
ま、こういう時は、顔を立てておくもんだよ、と思い、まだ疲れもそれほど感じてないからついていくことにしました。

下心あり!
いや、彼は水道関係者だから、たぶん、建設関係の人と顔なじみだろう、と思ったのよねん。
地元駅のタクシー乗り場の不便さを訴えておきたい!と思ったのですよ。こういうのは、いくら市民が当局に訴えても駄目なので、顔みしりの建設関係とか運輸関係の人に、だってよ~!と囁いてもらえば、つまり具体的なルートに市民のそういう声がある、というのを伝えておけば、風聞が広がる(タクシーの運転手さんたちに寄ると、タクシー乗り場の不評はもう大いに自治体の上の方に広がっているそうですが対応してくれない、とのことです)と期待して。

そしたらヌァ~ント!
親しい市会議員にがいるから、とか言い出したので、ウワ!これはヤバい!と即、その話題から退散しました・・・ろくでもない市会議員なんかに関わったらろくでもないことになるもの!!

で~、まあ、彼と奥さんの出会いの話やら、手術の話やらに茶々入れながら大いに笑って・・・。

今度はオバサンの体調の話。
オバサンが、膝悪くしてフラミンゴみたいに片足立ちでご飯作っていてもそのまま座ってるし後片付けもしないし、あの年代の男は使えないねぇ、と言ったら、
B子ちゃんが「わっかるぅ~!」と急速に前のめりになって、関を切ったように、速射砲のように、機関銃のように・・・始まったんですな、これが。
「もう家の中で動こうという気がないの」

オバサンは、一応、散歩の時に買出しをして下さることには大いに感謝をしてますが、ねぇ、と言ったら、
「買い物してきてくれるだけでもいいじゃない!」とのこと。

で~、止めは、「細かいことにチマチマしてるしね」
溜まってるねぇ!!!!!

もう、A君もC子さんもビックリ!茫然!!
C子ちゃんが、「ご主人といくつ違うの?」と聞き、
B子ちゃんが、「6歳、オバサンとこもよね。同じ年なんだよね。」と溜息のごとく言う。うん、同じ、とうなずくオバサン。

A君もC子さんも同級生と結婚したからね・・・。
そしたら、A君が、
「俺は飯くらい作るよ、毎日買い物して帰るしさ。俺の金で。家計費とは別よ!掃除機も〇イソンで全部かけるし」と言い出して、
それで、あ?〇イソンてコードレスの?
サイクロンて、ゴミ捨て綺麗に捨てられる?とか盛り上がって、また平和なバカ話。

でも、ちゃんと行きつ戻りつしながら、17年前のクラス会の名簿見ながら相談して、担当できそうな人を決めました(^^)


そういえば、この和食店の支払いもA君が引き受けちゃったのですよ!!
今も現役で働いて給料もらってんだから!とか言っちゃって・・・大丈夫かな?RICHは確かにRICHなんだけど、ご馳走になりっぱなしってわけにはいかんぜよ!

そしたら、エスカレーターに乗りながら、B子ちゃんが、あっさり、「何か送ろう。何がいい?」
御菓子か商品券と、オバサン
C子ちゃんが「お酒好きらしいもんね」と受けて、

そしたらB子ちゃんか、「ビール券でも送る?」と聞いてくれて、
おっ!そうしよう。
「いくら?これ?これ?」って指を出すから、
ん~、5でいいんじゃない?
「じゃ贈っとく」
支払いは?
B「たてかえとくよ。」
C「ん、じゃあその支払いは?」
B「一月に会った時でいいよ」
まあ、太っ腹♪
と、幼馴染っていいもんだわねぇ・・・これ、エスカレーター半分で決まったのです(^^)

オバサンは、みんなを駅で送ってそのままタクシー。あっという間に到着して、先生の奥様からいただいたお土産のマロングラッセをダンナと食べながら、今日会ったこと喋りまくりました(^_^;

いやぁ・・・長い一日、短かった!!
でも疲れました。
アレコレバカを言いながら気を遣いまくった各人がそれぞれにつかれたと思う。
一応、お礼のメールして、まずシャワー浴びて寝ました(*^^*)

そういえば、お礼状、先生に出さなきゃ!てんで、慌てて、B子にメール。
思いつくままに何度も書いたから四回もレスさせることになってしまいました。

あの食事の時、みんなで一斉に目がダメになった!メール使えないよね~!と嘆き合ったばかりなのにm( )m
B子よ、ゴメンm( )m

で~、日曜日にお礼状書いて月曜日の整体の時投函して、縮小コピーを取って置いてB子ちゃんとC子ちゃんに火曜日に送ったんだ。お礼状は女子3人連名です。
A君はまた先生とのお付き合いが別だからね(^^ゞ

もう、今日のうちに着いたらしくて、仕事が早い!とメールでほめられたけど、まあ自分で言い出しっぺで出しゃばっておきながらなんですが・・・オバサンのこういう手紙は公式的で無味乾燥。
ハッキリ言うと、これ見よがしのお礼状。ただ、早いのは取り柄です(^^)これだけ!
謙虚で言うんじゃなくて悪筆だしね。自分でもうまく書けた!と言う時はあったんですよ!その頃の字がもう書けない、っていったって、元々たいした字じゃなかったんだけど、今よりマシだったんですよ。

但し、その頃だって、母から、「お前、書道の時は良い字をかくのに鉛筆は下手だねぇ」と言われていたんだけどね(^_^;
やっぱり下手だったんだよね(^_^;

B子さんは巧かった!!
この人は頭もよかったし、実は、↑件の三人と肩を並べる一角にいたんですよ。ただ、彼女は彼女の美学があって、あの優等生たちの中に入ることを潔しとしない所があったので、勉強は彼らに勝とうと、というより進学したい中学のために頑張ったんだけどね(^_^;

まあ、色々なことを思い出してしまいました(*^^*)




この記事へのコメント

ぽんず
2018年11月04日 12:07
小学校時の同窓会なんて素敵ですね。
楽しんでいらしたようで何よりです(*^_^*)

よんでいてこちらも楽しくなりました(^_-)-☆
怪傑おばさん頭巾
2018年11月09日 16:48
ぽんずさん、こんにちは(^^)
相変わらずの遅レスですみませんm( )m

>小学校時の同窓会
実現できればいいんですが、17年ぶり!となるとなかなかねぇ(^_^;
いつも会う人や連絡を取り合っている人はもう決まっているし、年代的にフェイスブックなどをしている人もいないようで。

ま、どうしてもこれ以上増えないようなら、とにかくこのメンバーでもう一度先生のお見舞いに行こう、ということになりました。

この記事へのトラックバック