8月は・・・

翁長さん、無念だったろうね。

8月8日だったそうですが・・・。まあ昏睡状態だったというから、其れ以前から意思決定とか、意思表示とかはできなかったんだろうけど、沖縄を守りたい、ということだけは確実だっただろうから・・・これから先は難しいわね。

官邸喜んでいるだろうな・・・勿論、「一首長の死で国家の決定に影響が出るなどということはありません。哀悼の意を表し、粛々と実行を進めていくだけです」などと仰るんだろうがね。
でも、邪魔者が死んでスムーズに事が運ぶとほくそ笑んでいるのはうかがえる。

沖縄は捨石だと、政治家は勿論、殆どの日本国民が思っているんだろうと思う。
大阪の松井さんは、「ほぅ!沖縄土人の酋長が死にましたか」とでも宣うのだろうか??

50年後、アメリカの公文書が公開された時、どんなことが書いてあるか楽しみだわ♪
今だって、去年の秋に公開された文書で、「日本人は“沖縄人”を日本人とは認めておらず、圧政を敷いても、日本政府から苦情の出ることはない」って、マッカーサーのメモがあったそうですからね。

・・・おっと、50年後、オバサンはとっくに死んでいるので、その頃の人と顔を合わせないで済む。よかったよm( )m

いずれにしても、官邸は「お国のためにならないことはいたしません。お国のために多少の我慢をするのは国民の義務です」と、どんどん地方を切り捨てていくんだろうね。広島・長崎・福島・六ケ所村も同じことだよね。
まして、福島・六ケ所村は何もない所の貧乏地域を豊かにしてやった!国は感謝されなくちゃならない所だ!と、ふんぞり返っているのだろう。

8月は、広島・長崎の原爆投下があり、敗戦・日航機事故墜落、そして、もしかしたら、沖縄自治崩壊の日が加わるのだろうか・・・?嫌だな。

翁長さん、戦争で亡くなられたすべての方々・・・謹んで哀悼の意を表します。合掌。

2020年のオリンピックの日、日本はどんな8月を迎えるのだろうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック