スキャンダルばぁ~っかりの日々

総理・文科省・大学・アマチュアスポーツ・・・よくこれだけスキャンダルが出て来るもんだわねぇ(^_^;

ま、上が上なら下も下!!!!なんだよね(^^ゞ
新聞の同一四面の左上にアマボクの例の会長、右下にボン大元監督の写真と記事が載っているって、ナニオカイワンヤ!!
☆注(ボン大は理事長でした!ダンナに言われて確認!)

おまけに、この30年に一度という猛暑の中で、暑さが売りの甲子園で高校野球をやるという高野連と朝日新聞社!!

そりゃあね、高野連の会長の言う通り、「甲子園は聖地」かもしれない、「甲子園を目指す子供たちがたくさんいる」ってのは事実だとは思いますけどね。
今までの段階で、それをどうにかしなければならなかったんじゃないか?って、ン十年、ずぅ~っと、思ってました。

夏の暑い盛りの二週間、あの日盛りの甲子園で一日四試合というのが無茶です。
おまけに、出場校の固定化が多くなって、野球学校ができてしまったというのは、野球選手の予備校の大会じゃないの?
それを、青春だの聖地だのきれいな言葉で飾っても、新聞社の宣伝と高野連の商売としか考えられないよ!!

お正月の箱根駅伝だって新聞社と大学運動部の宣伝で、スポーツ生命立たれる選手の多い事!!だけど、こっちは大学だしね、ちったあ、自分で自分の進路を考える能力だって持たなくちゃ、と思うから。

大体、中学・高校段階の運動部活も教育の一環というなら、体育部活動のための合宿生活と言うのを止めるべきだと思ってます。大学生になれば、それはもうご勝手にの話だけど、中高で運動部活のために寮生活なんて親も親だよ!

その挙句、インチキして勝つことだけを教え込まれ、あわや殺人者になるかもしれないようなことをさせられる、とはね!!

オバサンは家庭教育に差し出がましい態度の学校部活、特に運動部と言うのが嫌いで、娘や息子の学校を選ばせる時も、自由な雰囲気と部活があまりうるさくない所、というのがお奨めポイントでした。

息子の学校なんて、水曜放課後と土曜の午後しか部活時間はありませんでしたからね。朝錬も一時間くらいしか認められなかったんじゃない?校門が明かないから。
それでも、陸上の生徒たちなんて、登校を徒歩(一部走る)にしたり自転車にしたり(これは叱られたらしい(^_^;危険すぎますからね。)して頑張っていたんだよね。

そういえば、東京医科大出身者は、男子の医者はレベルが低い!というのがよく分かったv(^^)
およそ女医に比較して、1~2割がた能力が劣る!ということね(^^)
大体、東京医科大自体、偏差値が64位しかないんでしょ?ボン大医学部でさえ66位だよ!
☆注(これもダンナに言われて確認。両方とも66でした。)

ま、それでも、国家試験にはどういう風な感じで合格していたんだか・・・それも追跡調査してご報告いただきたいものだわ(^^)だって、私たちの税金が大幅投入されているんだからね!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック