平成徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝統芸能とデジタルねぇ・・・。

<<   作成日時 : 2017/04/02 03:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

萬斎が映像作家の真鍋大度氏と、
「日本の伝統美を最先端テクノロジーで可視化するアートパフォーマンス『FORM』」というので、今年のお正月に「三番叟」を東京国際フォーラムで公演した特番をメイキングと公演当日の模様を一部を見ました。

去年、「シンゴジラ」のモーションピクチャーでゴジラの動きをやってみて、それで思いついたのかどうかはわかりませんが、「三番叟」の世界観として宇宙的な広がりを見せたいということらしかったです(^^;

ダンナと一緒に見ていましたが、どう考えても、鏡板の前で、ちゃんと萬斎自身が宇宙的な広がりを見せる方が良かったよね、というのが共通した感想でした。まあ、ナマで見ていれば、現場の空気感というのもありますから違ったかもしれませんが♪
テレビで見ていると、どうしても、スクリーンの方に目が行っちゃうからね・・・(^_^;

ただ、映像の出来としてはなかなかで、ことに最後の数多の球体が一瞬星空のように宇宙全体に広がってってビッグバンのように爆発的に輝き、それが、次に花吹雪のように見えて、更に水中の魚影の回遊のように見えてる!
あたかも、宙・桜(地)・水の推移のように見えたのは、萬斎の思う処であったか真鍋氏の表現だったかはわかりませんが、ちょっと良かったです(^^)

ただ、その前で舞うのは返って舞手が小さく見えますねぇ(^^;
見に来た観客たちには概ね好評のようでしたが。

こないだ、去年の春に、獅童が初音ミクと吉野山千本桜をバーチャル共演したという映像を、チラッとだけ見ましたが、こちらは、ネット配信もして、何十万回かのアクセスがあったそうです。有明だったかな?公演したところでも初音ミク効果もあったのか相当盛り上がったようですが、こちらは、獅童が10〜20体くらいに分身したりして、色彩効果も華やかでショーとして楽しむというコンセプトが十分で面白く見ましたけどね(^^ゞ

ショーとして、ショーアップしてやるならいいんだけど、萬斎みたいに大上段に宇宙的な広がりを感じさせたい!と振りかぶると、なまじ人間の小ささが目立っちゃうよね(^^;
萬斎の話し方も、昔からそうですが、いかにも偉そうで、このおじさん、何か勘違いしてるんじゃね?!と思ってしまいました(^^ゞ

まあ、才能があることは十分わかりますが、才能に引きずられたり振り回されたりするのは見苦しいですよねぇ(^^;



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
スミマセン。
>モーションピクチャーは動画です。
モーションキャプチャーですよねぇ(^_^;
ダンナニも笑われたし、アップしてすぐ?翌日気が付いたんですけど、治すの忘れてました(^_^;
怪傑おばさん頭巾
2017/04/18 03:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
伝統芸能とデジタルねぇ・・・。 平成徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる