平成徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS なんだか嫌なことばっかりで(-"-)

<<   作成日時 : 2017/02/28 02:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2月27日(月)

脚痛がちゃんと治ってないのに、眼はおかしいは、軽いけど眩暈が来てるで、なんだかぱっとしません。

一昨夜は、「ビブリア古書堂の事件手帖」の新刊をGETしたので一晩で読み終えました(^^)
ダンナがお散歩に出て、その後のんびり新聞読んでいたら、広告に気付いて、ダンナに大至急メールして買ってきて頂いたのですm( )m

眼が痛い、具合が悪い、という割には、?というところですが(^^ゞ
今回のは正直言って大して面白くはないのですね・・・で、一度置いて寝ようとしてマイスリー飲んだけど眠れなくて、結局またノソノソと取り上げてしまいました。

案の定シェークスピアです。この巻後も続きそうだけど、後書きで本編の物語じゃなく、何やらスピンアウトさせたものになるとか書いてあって、アレレ?

最終回は「死海の書」だと信じて疑わないオバサンとしては何?って感じ。最終回を「死海の書」にしなけりゃあ、「ビブリア」と名付けた意味もなくなるでしょ?!
当然ヒロインの母親が探しに出かけたのは「死海の書」でなけりゃねぇ・・・というのは、あまりにもオバサンの思い込みかな?

まあ、今回、そのシェークスピアの「ベニスの商人」で、ちょっとキリスト教徒の横暴みたいなことにも触れていますけどね・・・「古書の来歴」から隠された人生の物語を発展させる、という意味からは何というか軽いし浅いな・・・と思いました(^^ゞちょっと、今時の流行に乗っかった気もするような(^_^;

「ビブリア(バイブル)古書堂」の名前を疎かに扱うのはいかがなものかね〜?


「いかがなものかね〜?」繋がりで・・・ま、ホントはこっちを先に書きたかったんだけどさ(^_^;

幼稚園児に教育勅語を暗唱させる幼稚園があって、そこの小学校はお偉〜い政治家の奥様が名誉校長におなりになって、ずいぶんご立派なご挨拶を遊ばしたとか!!

このご時世に教育勅語とはビックリ!あの太平洋戦争に突き進んだ皇民教育の反省から教育勅語も廃止されたはず!ま、GHQ主導(命令)と言えば言えるだろうけど、もはや、あの時点でさえ、教育勅語に抵抗を覚える多くの人たちが育っていたことも事実なわけです。

それを何もわからない幼稚園児に教え込んで暗唱させるとはいいかがなものか?
ま、そういう幼稚園に入れる親は、そういう教育方針に賛成しているから入れるんだ、と言えば個人の問題だけれど、そこにお偉〜い政治家の奥様が名誉校長にご就任あそばされているというのはいかがなものかね〜?

元々、このお偉〜い政治家の奥様の行動には以前からいろいろ不可解な所があったので、とうとう馬脚を現したか!!と思うけど、ことが公になって、慌てて名誉校長を辞任されるというのはこれまたいかがなものかね〜?
ご自身が、そういう教育に賛同されて、あのようなご立派なご挨拶を遊ばしたのに、公になった途端に辞任して口をつぐんでしまうとはいかがなものかね〜?

そのご主人様の偉〜い政治家は、全く反省の色もなく質問をぶつける議員に声を荒げて、自分の迷惑を強調しているそうで、これまたあまりに品位の無いことでいかがなものかね〜?

なるほど、トランプさんと気が合うわけだ〜♪
だけど、その偉〜い政治家さんを選んでいるのは、我ら国民でしてね・・・ドンダケ愚かな国民か?ドンダケバカにされれば気が済むのか?我ら国民の方だっていかがなものかね〜?だよね(^^;

アメリカ人は声を大にして、トランプ氏に反対している人達も多いわけでね・・・我ら日本国民とは、政治意識のレベルが違うのよね。自由や民主主義を上からポンと与えられた国と、自分たちの手で勝ち取った国々とは全然民度のレベルが違うんでしょうね(^^ゞ
こういう時、しみじみ思う!日本もアジアだなぁ(^^)
普段は、日本は西欧諸国のお仲間です、みたいな顔しているけれど、やはりアジアなんですよ!!
アジアを貶めているわけではなく、アジアの民風なんだから仕方ないじゃない!賄賂にしても政治家に対する見方ー諦め方にしてもアジアだなあ、とつくづく思う。仕方ないよ!という諦め方自体がもうアジア!
はい、オバサンも立派なアジア人!どうせ地球も長くない!
はい、ドンダケ〜?!ドンダケ〜?!

ホントにドンダケ〜?!なお話です。
アレ?「いかがなものかね〜?」の繋がりじゃなかったの?ドンダケ〜?!のお話でしたかm( )m

そういえば、今日のアカデミー賞の発表で、作品賞が間違われて最初は「ラ・ラ・ランド」と読み上げられたそうで、挨拶のスピーチが始まってから、、実は「ムーンライト」だったということが分かったそうですが・・・これって、やっぱり、アカデミー賞の白人至上主義への当てこすり?それとも、トランプ氏にゴマすりたい人たちが、「ラ・ラ・ランド」にしようと裏でジタバダしたのかな?・・・なんて考えるオバサンはドンダケ意地悪かしら(^_^;

オバサンとしては、テレビCMだけ見た感じと、朝日の志らくの映画批評読んで、ですが、「ラ・ラ・ランド」・・・大昔のミュージカル映画みたいで観てみたいな♪と思っていたのに、なんかすっご〜くケチつけられたようで嫌な感じでした(-"-)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんだか嫌なことばっかりで(-"-) 平成徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる